« 2009年11月 | トップページ

2010年10月

2010年10月23日 (土)

“求心力の維持に腐心” NHKニュース

“求心力の維持に腐心”

   

10月23日     4時25分   NHKニュース    

民主党の小沢元代表に近い議員のグループは、代表選挙で小沢氏を支持したほかのグループとも連携して党内での影響力を保ちたい考えですが、小沢氏が強制的に起訴されることで求心力の維持に腐心しています。

   

小沢元代表に近い中堅の衆議院議員のグループ「一新会」は、民主党代表選挙のあと、会長の鈴木克昌 氏が総務副大臣に起用されたため、新たに会長代行のポストを置き、奥村展三氏が就任しました。そして、党内での影響力を保つため、小沢氏に近い当選1回の 衆議院議員や参議院議員にとどまらず、さきの代表選挙で小沢氏を支持した鳩山前総理大臣のグループや樽床前国会対策委員長のグループとの連携を強化したい 考えです。しかし、小沢氏が、みずからの政治資金をめぐる事件で強制的に起訴されることになったことから、小沢氏に近い議員の中にも「表だった動きは控え たほうがよい」という声があるほか、裁判の長期化の可能性も指摘されていることから、グループの求心力の維持に腐心しています。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

小沢氏申し立てに近く決定 起訴議決めぐり東京地裁 共同通信

 

『庶民から搾り取り、大企業のために税金をつかう自民党政治から、国民生活第一の民主党政治へ、政権交代実現!』 

 

『来る者、拒まず。去る者、追わず』   小沢一郎のモットー

 

小沢王国論、国民生活第一の政治、地域主権、東アジア共同体を目指せ。

 

『みんなの友愛広場』 に飛べます。 新版に引越ししました。ぜひご意見をどうぞ

 

 

 資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記入事件をめぐり、民主党小沢一郎元代表が、強制起訴議決の執行停止 や検察官役の指定弁護士を選任しないよう東京地裁に申し立てた仮差し止めに対し、国側が「刑事司法の中で争うべきだ」として却下を求め意見書を提出したこ とが18日、関係者への取材で分かった。

 東京地裁が双方の主張を聴く審尋(非公開)を開かない代わりの手続きとみられ、小沢氏側も提訴時とほぼ同じ主張の意見書を既に提出した。地裁は一両日中にも決定を出す見通しだ。

 小沢氏は15日、仮差し止めなどとともに、強制起訴手続きの差し止めなどを求める行政訴訟を起こし「告発容疑にない内容を2回の審査を経ずに出した議決は、審査会の権限を逸脱してなされた違法なもので、全体が無効」と主張している。

2010/10/18 11:42   【共同通信】

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ